スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

COMING SOON


110518_1912~01


長らくブログ更新もできないまますごしてしまいました。
最近はFACEBOOKの方にも情報を「鞄工房 みなづき」として載せていて、
ブログとFACEBOOK、両方を更新するのが、ちょっと難しいという情けない状態です

さて、以前からアナウンスしておりました、チャリティプロダクツの販売開始がいよいよ近づいてきました。
製作は順調に進んでいるのですが、販売サイトの方がなかなか追いつかず・・・

とりあえず、こちらに画像だけでもご紹介できれば・・
と、画像をアップさせていただきました。


チャリティープロダクツ

「サクラサク」華シリーズ
110518_1912~01

艶のあるレザーでできたがま口タイプの小さなバックです。

iPoneと小さなキーケース、小さなお財布程度が入ります
中には小さなポケットもありますので、口紅なども持ってあるけます。

スタッフ曰く「財布のいらないデートに最適!」だそうで・・(笑)
財布のいらないデート!そんな素敵なシーンに使っていただけたら幸いです。

内側は
110518_1914~01

友禅生地でできております。

こちらは試作品ですので、製品版の場合は、友禅の柄などが変わります。



「サクラサク」遊シリーズ


110424_0213~01


蝋引きされた固めの艶のあるレザーでできた恋文ポーチ。
こちらも、iPhoneとキーケース、化粧品少しくらいの収納力です。
留め金には立体的なサクラのコンチョを使用しています


110424_0213~02

内側は友禅の古い布。おそらく大正時代のものと思われます。


「サクラサク」歌シリーズ


CIMG2177_convert_20110408190053.jpg


「遊シリーズ」より、こぶりで、iPhoneしかはいらないかな~というくらいの大きさです

歌シリーズはデザインのバリエーションが一番多いです
「サクラサク」の各シリーズにはオリジナルのタグ+シリアルナンバー入りで発売予定です


以上、大雑把に、チャリティープロダクツのご紹介をしました。
これまでにお問い合わせくださいました方々には、申し訳ないくらい、製作→発表→販売が遅れています。
遅れたぶん、心をこめた、妥協のない仕事をしているつもり!ですので、ぜひお楽しみにしていてくださいね。


商品の詳細、販売時期、価格など、こちらのブログから近いうちにお知らせする予定です。

上記掲載画像を参考に、お好みの色や素材でオーダーも可能ですので、
ご興味のある方は、お手数ですがminazuki3721@gmail.comまでお問い合わせくださいますよう
お願いいたします。

震災から、流れるように日々が過ぎていきますが、わたしたちはあの日のことを忘れずに、
自分になにかできることをみつけてがんばっていきたいと思っております。










スポンサーサイト

チャリティープロダクツ試作完成

CIMG2177_convert_20110408190053.jpg



ようやく試作品が完成しました。
あれこれ改良を重ねたので、このまま製品に移行できます。
というわけで、ようやく製品作成開始!です

画像のものは、オイルをたっぷり含んだやわらかいレザーでできています。
茶色の表面にうっすらゴールドのメタリックの加工がしてあります。

桜の季節にあわせ、日本が、もういちど立ち上がろう、もういちど心から笑おう!という願いを込め、
たくさん、たくさん、桜のモチーフを貼り付けました。

季節に関係なくもっていただければよいな・・と思います


CIMG2179_convert_20110408191204.jpg


大きさは、iPhoneやiPod、デジカメ、メガネが入るくらいの大きさです。
コスメ類をいれていただいてもかわいいかも。

ストラップは取り外し可です


CIMG2181_convert_20110408190126.jpg




すべて一点づつ手作りのためデザインはすべて異なります


内側の生地は帯生地です。
こちらも桜をイメージしたカラーリングです。
マグネットでとめるスタイルです



CIMG2182.jpg
CIMG2180.jpg





オイルレザーのくたっとした柔らかな手触りが愛着を深めてくれると思います。


バックインポーチとしても、バックの外側にストラップを通してアクセサリーポーチとしてもお使いいただけると思います。

製品版が販売体制完了次第、お知らせいたします。
COMINGSOON!!

チャリティープロダクツ

このたびの東日本大震災で
被害を受けられた皆様に
 心よりお見舞いを申し上げます。
 一日も早い復旧と皆様のご健康を
心からお祈り申し上げます。
 





このたびの地震、津波、それらが引き起こした災害・・人知を超えた、恐ろしいまでの自然の力を見せつけられ、なすすべもない人間の小ささを実感しました。

被災された方々の境遇、お気持ちを思えば、何をどう申し上げてよいか、お見舞いの言葉もむなしくからまわりしてしまいそうです。

どうか、希望をすてないで・・一日でも早く、復興の光が見えるよう、みんなで努力していきたいと思います。

被災地の方々の悲しみ痛みはもちろん計り知れず、今、日本中が大きな痛みに包まれています

誰もがいま、「自分にできることは何?」と問うているはずです。

我々、鞄工房みなづきも、チャリティープロダクツに着手し、売り上げの一部(できるだけたくさん)を募金したいと思っております。

このほど、チャリティープロダクツの試作品が完成しましたので、ブログにてお知らせいたします。

sakurasample1.jpg

オイルレザーにゴールドのラメ加工がうっすら施された茶系のレザーポーチ。
冬の間に力を蓄え、春にむけて咲き出す桜をたくさんちりばめ、チャリティープロダクツをつくりました。

sakurasample2.jpg

iPod tuchが入る大きさです。メガネなどを入れるにも手ごろな大きさです。
試作品では裏生地はフエルトですが、製品版では、帯生地などにしようかななどと考えています。


sakurasample3.jpg

チャリティープロダクツ用のタグです。

日本としてがんばらねば!・・そんな思いを込めたタグです。


製品版、続々完成していますので、販売できるようになりましたら、こちらのブログでもお知らせしていけると思います。
COMING SOON !!


生地と向き合う


鞄つくりに入る前に、生地として使う帯はかならず洗います。
帯は絹である場合が多いので「洗う」=NGなイメージのある方も多いと思います。
繊維に優しい洗剤を使い、そっと手洗いします
すると、生地がすこし縮みます。
陰干しのあと、ゆっくりとスチームアイロンをかけます
このことは和服のリフォームの教室で教えていただきました。
一度水をくぐらすと、それ以上生地が縮むことがない、という理由だからだそうですが、わたしにとっては作り上げる鞄となる生地に対してまっすぐ向き合うための行為だともいえます
わたしは案外、この「洗う」という行為が好きで、気がつけば干す場所がないほど洗っちゃったということもしばしば…

ミナヅキの鞄のはじめの第一歩の儀式でもあります/BB
プロフィール

minazukipreopen

Author:minazukipreopen
「みなづき」は、ものづくりが大好きなクリエイティブユニット、BB&midiの鞄制作「みなづき」のバッグが誕生するまでを、ふたりで語ります。
連絡先 creators@minazukijapon.com
みなづきのFACEBOOKは
こちらから

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。