スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生地と向き合う


鞄つくりに入る前に、生地として使う帯はかならず洗います。
帯は絹である場合が多いので「洗う」=NGなイメージのある方も多いと思います。
繊維に優しい洗剤を使い、そっと手洗いします
すると、生地がすこし縮みます。
陰干しのあと、ゆっくりとスチームアイロンをかけます
このことは和服のリフォームの教室で教えていただきました。
一度水をくぐらすと、それ以上生地が縮むことがない、という理由だからだそうですが、わたしにとっては作り上げる鞄となる生地に対してまっすぐ向き合うための行為だともいえます
わたしは案外、この「洗う」という行為が好きで、気がつけば干す場所がないほど洗っちゃったということもしばしば…

ミナヅキの鞄のはじめの第一歩の儀式でもあります/BB
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

minazukipreopen

Author:minazukipreopen
「みなづき」は、ものづくりが大好きなクリエイティブユニット、BB&midiの鞄制作「みなづき」のバッグが誕生するまでを、ふたりで語ります。
連絡先 creators@minazukijapon.com
みなづきのFACEBOOKは
こちらから

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。